スーパー海藻アカモクをもっと知りたい人の情報サイト/健康情報・美容情報・ダイエット情報・オリジナルメニュー・産地ニュース

スーパー海藻まるわかり!アカモク先生 > 健康・美容 > 健康 > 「カルシウム」の年代別食べ方ポイント② 50・60代編

「カルシウム」の年代別食べ方ポイント② 50・60代編

2019.07.24 / 健康・美容

50・60代の食事の傾向

50・60代は基礎代謝が落ちている年代のため、脂肪の多い乳製品のとり過ぎには注意が必要になります。

乳製品を摂る際は、低脂肪牛乳やカッテージチーズなどがおススメです。

更年期はホルモンバランスが乱れ、骨からのカルシウム流出を防ぐ力が弱くなるためカルシウムの吸収を助けるビタミンDやマグネシウムの補給が大事になります。

<ビタミンDを多く含む食材>
メカジキ・鮭・牛のレバー・まいたけなど

<マグネシウムを多く含む食材>
海藻・納豆など

最近、上記のような記事を見つけびっくりしました!

私は、毎朝牛乳を飲むのでこれでカルシウム不足にはならないと安心しておりましたが、 ビタミンDやマグネシウムも摂取しなければいけないということは知りませんでした。

私は、納豆にアカモクを混ぜて食べるのが好きなのですが、アカモクにはマグネシウムも豊富に含まれており、知らないうちにマグネシウムも摂取していたことになります。

その結果、偶然にもカルシウムの吸収に役立っていたことになり、普段美味しいという理由だけで食べていた私にとっては、とても嬉しい誤算でした!

このことをきっかけに、少しずつでも食べ合わせを気にしてみようかなと思い本を読んでみたところ、「人間の体は食べたもので出来ている」という言葉がありました。

意味はその言葉どおりなのですが、改めてこの言葉を考えてみると今までの不摂生を繰り返した食生活が思い出され反省しました。

もちろん、食べたいものを食べるのも大事ですが、食べたいものを自由に食べるためにはやはり健康でなければなりません。

病気になって食事制限などしなくていいように、少しずつですが毎日の食生活を見直してみようと思いました

女性は特に骨粗しょう症になりやすいと言われますし、予防のためにもまずはみなさんも牛乳を低脂肪牛乳に変えてみて、そのカルシウムを吸収するためにもアカモク納豆を試してみてはいかかでしょうか?

参考文献

  • 「おいしく健康をつくる あたらしい栄養学」
      吉田企世子・松田早苗 監修(高橋書店)
  • 「栄養の基本がわかる図解辞典」
      中村丁次監修(成美堂出版)

« 投稿一覧 »

  • ぐっすり茶
  • 無添加フコイダン生原液
  • アカモクのタレなど