スーパー海藻アカモクをもっと知りたい人の情報サイト/健康情報・美容情報・ダイエット情報・オリジナルメニュー・産地ニュース

スーパー海藻まるわかり!アカモク先生 > アカモクレシピ > 拘りレシピ > アカモクと相性バッチリ!料理レシピ♪

アカモクと相性バッチリ!料理レシピ♪

2019.07.07 / 健康・美容

アカモクは、何にでも合う最高の食材ですが、それに加えて特筆すべき点は、豊富な栄養素にあります!

身体に良い健康食品として注目され、海のスーパーフードと呼ばれているほどです。

そこで今回は、そんな身体に良い影響を与えるアカモクを使った料理をご紹介します!

アカモク入りチキン煮込みハンバーグ

材料

アカモク・・・70g程度
鶏胸肉・・・2枚
玉ねぎ・・・1個
卵・・・1個
パン粉・・・大さじ1
豆乳・・・大さじ1
ハーブ塩・・・少々
カットトマト・・・1パック(約200g)
にんにく・・・1片
オリーブオイル・・・大さじ1
砂糖・・・小さじ2
塩・・・小さじ1
こしょう・・・少々
濃縮めんつゆ・・・大さじ1
水・・・1と1/2カップ
豆乳・・・1カップ

つくり方

①フードプロセッサーで細かくしやすいように、事前に鶏胸肉をカットしておきましょう。玉ネギも鶏胸肉と同様に切っておきます。

②次に、にんにくをみじん切りにします。そして、フライパンにオリーブオイルをひき、にんにくを弱火でじっくりと炒めます。
しばらく炒めた後、にんにくの香りがしてきたら、トマトをカットして水と一緒に加えて煮ましょう。煮る時間はおよそ5~10分程度で、火加減は弱火~中火です。

③砂糖、塩、めんつゆを②に加えて味を整えれば、ハンバーグソースの完成です。もし煮詰めすぎてしまった場合は、少し水を加えて薄めてください。

④フードプロセッサ-にカットした鶏胸肉と玉ねぎ、卵、パン粉、豆乳、ハーブ塩を入れて、ペースト状にします。

⑤次に、アカモクを35gを加えてさらにかき混ぜます。
これでハンバーグのタネの出来上がりです!

⑥ハンバーグソースを中火にかけ、ハンバーグタネをスプーンでゴルフボール程度すくって火にかけたソースの中に入れましょう。

⑦ハンバーグタネを全てソースに入れたら、クッキングペーパーでハンバーグのタネに落しフタをします。さらにフライパンにもフタをし、およそ15分程度、弱火~中火で煮込みましょう。

⑧煮込み終わったら火を止め、豆乳とアカモク35gを加え混ぜ合わせれば「アカモク入りチキン煮込みハンバーグ」の完成です!

工程がたくさんあるので大変かと思われるかもしれませんが、一度つくれば慣れるので、意外と30分ぐらいで簡単にできますよ。

特筆すべき点は、アカモクをハンバーグのタネに入れることで、ハンバーグが硬くならず柔らかい仕上がりになるんです◎

さらに、アカモクをソースにも加えることで、旨みたっぷりのソースになるんです!

それでいて、鶏胸肉なのでとってもヘルシー!

女性に嬉しい格別の煮込みハンバーグです♪ぜひぜひ、お試しください!

菊芋のアカモクヨーグルトサラダ

材料

アカモク・・・35g
菊芋・・・250g
ブロッコリー・・・1カブ
ミニトマト・・・5~8個
ヨーグルト・・・大さじ2
オリーブオイル・・・小さじ1
粉チーズ・・・大さじ1
塩・・・小さじ1

つくり方

①菊芋をよく洗ってからスライスし、ボウルに入れておきましょう。

②次に、ブロッコリーを小房に分け、食べやすい大きさに切ります。
そして、菊芋の食感に合わせて少し硬めにゆでます。ゆでる前に沸騰しているお湯に塩を適量入れることを忘れないようにしましょう。
ゆで上がったら火を止め、2~3分程度放置し、固さを見極めてから軽くしぼって①のボウルに入れましょう。

③小さいミニトマトであれば1/2にし、大きければ1/4にカットし①のボウルに入れましょう。

④別のボウル(小さいもの)に、アカモク、ヨーグルト、オリーブオイル、粉チーズ、塩を入れて混ぜ合わせましょう。混ぜ終わればアカモク入り特製ドレッシングの出来上がりです。

⑤最後は、野菜の入った①のボウルにアカモク入り特性ドレッシングを加え、よく和えれば「菊芋のアカモクヨーグルトサラダ」の完成です!

所要時間は15分ほど。

そんな身体に良い菊芋に加えて、ビタミン豊富なブロッコリーとミニトマト、乳酸菌が豊富なヨーグルト、そしてミネラルを含み食物繊維豊富なアカモクが入ることによって、体の中から健康的にキレイになれる特性サラダです♪

これもとても良いのでお試しください!

ねばねばアカモク入り雲白肉

材料(2人分)

アカモク・・・大さじ3
しょうゆ・・・大さじ1
砂糖・・・大さじ1
黒酢・・・小さじ1
ごま油・・・大さじ2
豚バラ肉(しゃぶしゃぶ用)・・・200g
きゅうり・・・1本
ラー油・・・適量

<タレ>
長ねぎ(みじん切り)・・・大さじ2
しょうが(細かくみじん切り)・・・大さじ1/2
にんにく(細かくみじん切り)・・・大さじ1/2

つくり方

①長ねぎをみじん切りにしましょう。
しょうがとにんにくもみじん切りにしますが、辛みをなくすためにできるだけ細かくきざみましょう。

② ①にアカモクを加え、しょうゆ、砂糖、黒酢を入れます。そして、砂糖を溶かすようにしっかり混ぜ合わせましょう。
アカモクはフコキサンチンという身体に良い成分を含んでおり、フコキサンチンは加熱に弱い成分のため、タレつくりで火は使いません。ちなみに、茹でる程度の加熱は問題ないそうです。

③材料がしっかり混ざれば、そこにごま油を加えましょう。
次第にふわふわしてきますが、そうなってきたらアカモク特性タレの完成です!

④最後に、ゆでた豚バラ肉とピーラーで薄く切ったきゅうりをアカモクダレにあえます。また、お好みでラー油をかけましょう。
これでねばねばアカモクの雲白肉の完成です!

〈豚肉(しゃぶしゃぶ用)をゆでる時のポイント〉

①豚しゃぶ肉をゆでる時のポイントは、「塩」と「酒」を加えてゆでることです。これによって肉のくさみが消え、塩気が肉の味を引き立てるというゆで上がりになります。
分量は水1リットルに対して塩(小さじ1)と酒(大さじ2)が目安です。酒はゆでる直前に加えればいいので、先に塩だけ水に入れておきましょう。
②沸いたお湯に豚しゃぶ肉を入れ、色が変わった肉から取り出します。

ヘルシーでとっても美味しい一品ですよ!

ぜひお試しください!!


« 投稿一覧 »

  • ぐっすり茶
  • 無添加フコイダン生原液
  • アカモクのタレなど